毒を食らわば皿まで

アダルトチルドレン(AC)・吃音症・社交不安障害(SAD)・依存症・うつ病の方、また、心を病むすべて方へ

自己紹介

「このブログ、何者が書いてんのよ?」ということで、遅ればせながらザックリ自己紹介をさせていただきます。 自己紹介 東京在住、アラフォー男性。現在は中小企業診断士として、中小企業への経営支援を行なっています。中小製造業でのキャリアが長かったこ…

心のシャッターを閉ざしてしまう話

シャッターの研究 人に不快なことを言われ、この人「嫌い!」「無理!」となり、心のシャッターを閉じてしまう。以後、その人の言うことすべてが受け入れられなくなってしまう。誰しもそのような経験があると思います。このたび、そのようなことを「シャッタ…

病み垢の教科書

はじめに 私、たかむらも病み垢界隈に生息し、早一年半が過ぎようとしています。このたびは、その一年半の知見をもとに「病み垢の教科書」と題し、「病み垢とは何か?」「病み垢の特徴」「なぜ、病み垢は生まれたのか?」「病み垢をするメリット・デメリット…

精神障害者雇用の現状 (ハローワーク「平成27年度・障害者の職業紹介状況等」より)

はじめに 平成30年4月1日、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(以下 障害者雇用促進法)が改正され、精神障害者も法定雇用率の算定基礎対象へ加わることとなる。それを踏まえて「精神障害者の雇用・就労」をテーマに、いくつかに分けてエントリーを書こう…

精神障害者雇用の現状(厚生労働省「平成28年障害者雇用状況の集計結果」より)

はじめに 平成30年4月1日、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(以下 障害者雇用促進法)が改正され、精神障害者も法定雇用率の算定基礎対象へ加わることとなる。それを踏まえて『精神障害者の雇用・就労』をテーマに、いくつかに分けてエントリーを書こう…

うつ病闘病記まとめ(うつ病闘病記 第5回)

はじめに うつ病闘病記第5回。このたびは「うつ病闘病記まとめ」と題して、まず、これまで計4回わたり書いてきた私のうつ病闘病記を1つのエントリーにまとめた、次に、私の闘病の良かった点・悪かった点を振り返りをしている。最後に編集後記を。 第1回:な…

うつ病から社会復帰へ向けて(うつ病闘病記 第4回)

はじめに うつ病闘病記第4回。このたびは「うつ病から社会復帰へ向けて」と題して、「もしかして治ったかも!?」から社会復帰を果たすまで、私がどのような取組みを行なったかを書いた。 第1回:なぜ、私はうつ病になったのか?第2回:うつ病になって私がま…

うつ病との闘い(うつ病闘病記 第3回)

はじめに うつ病闘病記第3回。このたびは「うつ病と闘う」と題し、うつ病により働くことができなくなり、療養生活を余儀なくされた二年間のことを書いた。最も闘病記らしい回かもしれない。「うつ病と闘うとは?」「どんな気持ちで闘病中すごしていたか?」…

うつ病になって私がまずしたこと、その効果は?(うつ病闘病記 第2回)

はじめに うつ病闘病記第2回。このたびは、「うつ病になって私がまずしたこと、その効果は?」と題して、「生物―心理―社会モデル(bio-psycho-social model)」に基づき、生物学的アプローチ(薬物療法)・心理学的アプローチ(心理療法)・社会学的アプローチ(環…

なぜ、私はうつ病になったのか? (うつ病闘病記 第1回)

はじめに 私は4年前に、うつ病になった。発病から寛解まで2年半、寛解から社会復帰まで1年、計3年半。いち当事者として、その時の経験を闘病記として書きとめている。この闘病記がうつ病当事者・それをサポートする人、一人でも多くの人に役立てば幸いである…

コミュニケーション至上社会をコミュ障が生き抜くための研究

私、たかむらが当事者研究会に参加し、研究したテーマの記録このたびは「コミュニケーション至上社会をコミュ障が生き抜くための研究」 研究テーマ 企業が就活生へ求めるスキルの第1位は、ここ数年コミュニケーション能力が占めており、不動のものとなってい…

元部下が自殺した話

会社の飲み会の最中、携帯が鳴った。一年前に退職した会社の部下(以下Y)からだ。私が一週間くらい前に電話した、その折り返しだろう。電話に出ると相手はYではなく、Yと交際していた女性(以下 Aさん)だった。 Aさん「初めまして、Yと交際していた…